Performance

“Waiting a cup of hot water returns to the water”「コップ一杯のお湯が水に戻るのを待つ」

Date: 2th-3th Nov

Duration: About 1 hour half  ×4 times

Event: 絵画教室みたいな絵画教室展  organized by Art Maru

スライドショーには JavaScript が必要です。

One nail「一本の釘」

Performance: 3thMarch 2019

Duration: 20mins

Event: METACTION organized by:Masaki Hirose

スライドショーには JavaScript が必要です。

I run to the wall and hit it hardly. Pushed the wall strongly using all muscles of my body in order to move it. After a while I quite to move it and turn to the audience. I turn round my head looking at audiences . My tied hair were putting down as I move. There are one nail on my back-head. After some movement, I coiled my hair to  the nail and pull my hair strongly. My hair were torn off little by little. But it was strong than I thought so I couldn’t tore it. I pull it more strongly then my hair was torn.

壁に向かって走り激しくぶつかる。そして真剣にその壁を動かそうと、全身の筋肉を使い押す。息が上がり、激しい呼吸が空間の中に広がって行く。しばらくすると、くるりと観客の方向へ向き頭を回した。頭の後ろには一本の釘があり、頭を回す毎に結んだ髪の毛が解けて行く。引っかかった髪を更に釘に巻き付けると、思い切り引っ張った。髪はピンと張り、力を入れていくとパラパラと千切れ落ちてくる。髪は案外と強く、なかなか全てが引き千切れない。両手で引っ張り、全て引き千切り、終わる。

“To the Sunset”「夕日に向かう」

Performance: 14th Feb 2019

Duration: 20mins

Event; Ase-mizu  「あせみず」curated by Riko Takahashi

 

スライドショーには JavaScript が必要です。

I set one light at the 1 meter high on the box. And slowly walk toward it blewing inside the space that is holding by my hands. There are 3 silver ball inside them, and those are frying by my breathing. In front of the light I put my hands in my pockets. There are solt inside my pockets.I breath my hands and solt dropped on the floor walking backwards.

1メートルほどの腰の高さにライトを置き照らす。手を重ね合わせてできた空間に息を吹きかけながら、照明に向かって歩く。中には3つのアルミホイルで作った銀色の玉があり、クルクルと回る。ライトの前まで行くと、手をポケットに突っ込む。ポケットの中には塩が入っている。手に付いた塩を吹きとばし床に落としながら後ろに向かって歩きパフォーマンスを終える。

 

 

“Say the opposite of…”

Performance 2018.09.13

Duration: 30 mins

Place: Tomioka-town Fukushima

Festival:Responding: International Performance Art Festival and Meeting

snapshot1snapshot5snapshot7

このパフォーマンスは福島県富岡町の帰宅困難地域との境界線で行われました。30分ほどの間、事実とは反対のことを言う。

「わたしは、男です。

わたしは金髪で青い目をしています。

今日は晴れていてとても良いお天気。

あの車に乗っていたのは、特定廃棄物では無い。

わたしが暮らしてきた場所はいつも安全だった。

わたしには帰れない場所などない。

わたしは悲しみ、など感じない。

わたしはここに住んでいる。

わたしには家族がいない。

わたしはこの場所のことをよく知っている。

わたしはここで苦しんでいる。

わたしはここで泣いている。

わたしたちは人の役に立っている。」 言葉(抜粋):北山聖子、東秋帆

 

This performance had done in front of the Difficult-to-Return Zone at  Tomioka-machi Fukushima. For about 30mins I said the words opposite of the facts and let the audience to do the same as me.

“I am a man.

I have a blond hair and blue eyes.

Today is sunny, really good weather.

The things that the car brings is not specific wastes.

The place I had been lived was always safe.

I have no place that I can’t go back.

I don’t feel grief.

I am living here.

I have no family.

I know well about this place.

I am suffering.

I am crying.

We do something good for others.”  selected words by Seiko Kitayama, Akiho Azuma

“With a string” 

Performance: 8th Sep 2019

Duration: 3 hours

Place: Iwakiyumoto, Fukushima 

Event:Responding: International Performance Art Festival and Meeting

スライドショーには JavaScript が必要です。

I coiled a white string with a needle on the nail at the store that is closing. Putting the needle onto my mouth and stretch it tight. The space I can move depends on how long the white string is. I am with the string with the tension for 3 hours.

閉店した白い商店の釘に一本の針を通した糸を結びつける。その針を口の中に入れ糸をピンと張る。わたしの動ける範囲はその糸の長さ。ピンと張った糸と共に3時間。

 

“Existence as humidity/ 湿度としての存在”

11th July 2018

Tokyo Performing Arts Festival   

NakanoZERO Tokyo 

curation: Koji Kawai

“Raise the humid inside the case by breathing / ケースの中の湿度を呼吸で上げる” 30min

“Wait for a cup of hot water down its temperature  / コップ一杯のお湯の熱が下がるのを待 つ”

1h 30min

スライドショーには JavaScript が必要です。

” Raise the humid inside the case/ケースの中の湿度を上げる” 

3 hours

スライドショーには JavaScript が必要です。

 

“Thinking about Inside/空間の中を考える”

2h 30min

27th May 2018

座論出逢・ 亜苦庶ん-Salon der Aktion-

Denchu Hirakushi House and Atelier/旧平櫛田中邸アトリ Tokyo 

curation:  Megumi Shimizu, Seiko Kitayama

   

 

スライドショーには JavaScript が必要です。

歴史的建築である平櫛田中アトリエの引き戸、戸、引き出しなどを開け、中の匂いと空気、開くことによって変化する空間を感じる。photo by Naoki Takehisa, Megumi Shimizu, Osamu Adachi

 

 

” Playing Rock! Paper! Scissors! with Sky / 空とジャンケンする”

movie 30min and photos

NakanoFREAK OUTgallery Tokyo JAPAN中野フリークアウト、武蔵美通信展示「街展」

curation: Shunichi Saitou

空に向かってじゃんけんする.png

わたしの見上げる空はわたしの味方か?空は光が降り注ぎ、青く透き通るように晴れ、
鳥が飛び、そして雨を降らしてくれる。しかし同じ空をかっては戦闘機が覆い爆弾の雨を振らせた。恵みをもたらしてくれた土が、3.11の原発事故以降自分を被爆されるものに変わった。目に見えないものと、わたしたちはどう戦えば良いのか。恐れなければならないという事実が、わたしたちの存在を決定的に傷つける。こぶしを振り上げ、ジャンケンする。
あなたは自分の敵が見えるか?あなたの見上げるその空はあなたの味方か?

Is the sky always a friend of mine? The sky always gives us sunshine, rain and the beauty of itself…blue sky… But many fighters covers our land and bombs fallen our land from the same sky at the 70 years ago. And now also our blessed land changed to be exposed to radiation at Fukushima after the disaster of 3.11. How can we fight with the enemy not to be seen? The result that has to fear about it hurts us decisively. Can you see your enemy? Is the sky always a friend of you?

 

 

“Water”

40min

18th Nov 2017

Nagano Cinema Lab’s Open Experiment / 長野実験映像室

curation: Nao Nakazawa

 

スライドショーには JavaScript が必要です。

NARUE KOBAYASHI – film
SAKI HAYAKAWA – music
SEIKO KITAYAMA – performance art

https://vimeo.com/244946872

 

 

“Does the stones feel my breathing? / 石は息を感じるか”

30min

18th Nov 2017

絵画教室みたいな絵画教室展

 

海で拾ってきた3つの石を重ねる。微妙なバランスで重なっている。椅子を転がしその上に横になる。寝ごこちの良い場所を探しながら、石に向かって息を吹き続ける。

 

 

“A stitch”

2 hours 

2nd Sep 2017

Like a dance floor summer festival  / ダンスフロア的夏祭り

curation: Aki Mori

6.a stitch01

@SIPAF(solidarities in Performance Art in  Phillippines) PUP University PHILLIPPINES  curation Boyet de Mesa

6.a stitch 02

シンガポールのフェスティバルでは検閲のため実現できなかったパフォーマンス。
パーティー会場、またはフェスティバル会場のように、人が多く少し興奮している場所で行う。
「あなたの政府への批判をわたしに教えてください。」政治家の腐敗と賄賂、ドラックユーザーとプッシャーが裁判もなく殺されること。多くの事を教えてくれる。聞き終わった後、その人の服に一針赤い糸で縫い、自分のTシャツにも一針縫う。赤いステッチの数がわたしが聞いた批判の数になる。1000に達するまで継続的に行う。

This is the performance that couldn’t have done in Singapore because of the censorship. I did it at the party or festival space that was filled by many people and the little bit being excited. I ask them “Please tell me one criticism for your government”
“A leaf between you and me” one by one. The corruption and bribes of politicians killed many drug users and pushers without any judgment, they told me a lot. And I saw a stitch on their clothes, and then I saw also a stitch on my T-shirt. The amount of stitches is the number of criticisms. I will continue this project until it reaches 1000. This idea came from 1000 stitches that many women had made, praying for their husbands, father and boyfriend safety under World War II.

 

“Officially Licensed Performance “

 3 hours

2nd July 2017

Performance Resources Orchestra  Intersection gallery and outside SINGAPORE

curation: Yuzuru Maeda

14_03_Seiko Kitayama_officilly licensed performance_2017

 

シンガポールでパフォーマンスを行う場合は内容を全て書き提出しなければならない。裸になるのか、それは政府を批判する内容なのか、宗教に関するものなのか。それはあらかじめチェックされ、選別される。
わたしは、4つの案を提出した。一つはシンガポール政府を批判するもの、日本政府の法改正を批判するもの、上半身裸になるジェンダーに関するもの、そしてただ掃除をするもの。そして「この中から、シンガポール国内で行って良いパフォーマンスを選んで下さい。わたしはそれに従います。」と書き添えた。答えは「服を着るならば、3つ目のパフォーマンスをして良い。」との回答だった。それではコンセプトに反したパフォーマンスになる。必然的に4つ目のパフォーマンスになった。わたしは「Officially Licensed Performance」というTシャツを着て、ギャラリーの中からシンガポール市内を掃除して回った。人々はわたし達を掃除人と思い、わたしのバケツにゴミを放り込んだり、ここを掃除してくれと頼んできたりした。
この作品は、シンガポール国内での交渉に尽力して下さった前田譲氏の協力があったから実現出来た作品である。

When we do the performance in the Singapore, we must write down everything we would do in the performance. Will be naked? Or criticize government? Or about religion? It checked and sorted beforehand.
I suggested 4 ideas. One is about critic for the Singapore government, about critic for the Japanese law change, about Gender being naked of my upper body and the 4th idea is just doing cleaning inside and outside of the gallery. And I wrote “Please choose one idea I can do in your country. I will follow your suggestion.” Their answer is “If you wear your clothes, you can do the third idea.” But if I can’t be naked at that idea, it will not be my work. Consequently, I will do the 4th idea. I make the T-shirt written “Officially Licensed Performance”, wear it and started cleaning.  After finished inside the gallery, we had gone outside and had continued cleaning. Thank you for your help, Yuzuru Maeda. This performance could have done because of your big help.

https://zentaiartfestival.weebly.com/

 

“Trip with…” 

1 hour

27th Apr 2017

GUYU International Performance Art Festival 谷雨国際行為芸術祭

Xian China

curation: Xian Xixi

55

廃墟になった印刷工場をトリップするパフォーマンス。観客と歩き同じものを見る中で感覚を共にし始める。

 

 

“Stay with me”  

GUYU International Performance Art Festival 谷雨国際行為芸術祭

Xian China

curation: Xian Xixi

 

スライドショーには JavaScript が必要です。

「Stay with me」と書いてある壁の前で観客と背を合わせ、「右手を上げて」「上を向いて」と指示をする。背中を合わせていることで、口で言わなくともお互いに動き始める。「Stay with me」という願いとその願いの享受、そして共働について。

 

 

“Needles between you and me”

GUYU International Performance Art Festival 谷雨国際行為芸術祭 Xian China

30 min  Apr 2017

curation: Xian Xixi

 

口に縫い針を含んでもらい、一人一人キスをしてゆく。口の中に針を飲みマンゴーを食べる。素朴で温かい中国の友人たちに触れているうちに、心に悲しみを感じ日本人の現代性を知ってもらいたくなり考えた作品。

 

 

 “A leaf between you and me-anger-“

15min

2nd Aug 2017

Nippon International Performance Art Festival Asia 2017

curation: Seiji Shimoda

14_01_Seiko Kitayama_a leaf                                                                           photo by  Meba Kurata 倉田めば
「わたしのために、この葉に向かって怒ってくれませんか?」
わたしは女性の観客に向かって求めた。ある人は怒ることに戸惑い、怒りの言葉を発するが笑ってしまう。出来ないと去った。あるシングルマザーが唸りながら怒った時、自然と涙が溢れた。ミャンマーのシングルマザーは泣きながら葉っぱに向かって怒りってくれ、嗚咽をもらしながらわたしは泣き、抱きしめ合った。ひとしきり泣いた後、彼女が”OK?”とわたしの目をのぞき込んで親指を上げた、その仕草が可愛くておかしくて笑った。なぜ女性の観客に「怒り」を求めたのか。この次の作品では男性の観客に向かって「泣く」、悲しみを表現することを求めている。わたしは、今、世界が変わるためには、女性には怒りが、男性には悲しみが必要なんじゃないかと思う。それが互いの世界を理解し合う方法なのではないかと。これはわたしのロマンチシズムである。

2017.8 “A leaf between you and me, “I ask could you get angry for this leaf for me?” I ask for the audience of a woman. One woman hesitated to angry and say some words for anger with a laugh, and a woman didn’t accept it and go away. One single mother got angry with groaning, then naturally tears came from my eyes. And also the single mother of Myanmar got angry with crying and I cried with a sob and we embraced each other. After a while, she said “OK?” looked into my eyes with her sums up. I felt it really pretty and laughed. Why did I ask anger for those women audiences? I asked to cry to men audience at the next of my work. I think in the situation in our world now, women need to express anger and men need sadness. It’s the way to understand each other. This is just my romanticism.

 

 

“A leaf between you and me”

20 min   

8th Jul 2017

Performance Resources Orchestra  Singapore

curation: Yuzuru Maeda

14_02_Seiko Kitayama_a leaf_2017

あなたとわたしの間にある一枚の葉について。photo by  Quin Tin

 

 

“Woman snow curving”

30 min 

7th Feb 2017

The 22nd Nippon International Performance Art Festival International  Iizuna mountain seminar  Iizuna-KAshiyo-Sansou 

curation: Seiji Shimoda

101

氷点下の長野の山道の脇に裸になり背中の後を連続的に付けてゆく。女性の体によって雪を彫る。

 

“Scissors between you and me”

15min

30th Jan 2017

The 22nd Nippon International Performance Art Festival  3331Arts Chiyoda 

curation: Seiji Shimoda

Scissors between you-Seiko Kitayama 2017 photo by Meba Kurata

photo by Meba Kurata  倉田めば

あなたとわたしの間にあるハサミについて。

 

 

“Candle Face”

movie 40min

“Cherry-gang-gang” group exhibition ,Cherry Red

curation:Shunichi Saitou

candle face Seiko Kitayama 2016

顔というテーマを受けて作った映像作品。スペースは赤い壁だというので、赤い蝋燭を購入しビデオ作品を撮ることにした。火を灯し顔の上にかざした瞬間の熱さに思わず顔が歪んだ。赤い蝋が筋になって落ち固まり、顔を覆うように垂らし続けた。顔が完全に覆い尽くされて見えなくなってから手をあて力を入れると、蝋は全て剥がれ落ち、赤い蝋の顔型が残った。これはわたし個人の化粧に関するトラウマに関する作品。初めての化粧を見せた時にもらった言葉は「汚い」だった。いつもの化粧よりも念入りにチェックして蝋を満遍なく垂らす。

 

“Chicken” 

30 min

30thJul 2016

2nd Nagano Cinema Laboratory / 長野映像実験室 第二回公開実験  Gallery Hanozo /ギャラリー花蔵

Nao Nakazawa-movie / Seiko Kitayama-Performance

curation: Nao Nakazawa

IMG_4182

IMG_4188

IMG_4186

映画監督 中澤尚博のアメリカの養鶏場の映像、ArtMaruの笛、Judy Tenkuのギター、Shimon Katoのドラムとパフォーマンスアートのコラボレーション

条件は「本物の卵をパフォーマンスで使ってはいけない」。卵に見立てた白いボウルと黄色い小さなを持ち、鶏の鳴き声をたてながら会場を歩き回る。アメリカに放牧される鶏、卵を洗浄しパックに詰める工場の映像がスクリーンに映し出されている。ボウルを顔の前に捧げ持ち激しく鶏の声を出すと、ボウルを床に置いた。和ろうそくを取り出し火をつけしばし眺める。ジーパンのチャックをおろしおもむろにチャックの隙間にろうそくを指した。ろうがポタポタと垂れ、床に置いたボウルにかかる。カセットガスコンロに火をつけ、手羽元を焼く。ジュウジュウという音と煙と鶏を焼く臭いがギャラリーの中に充満する。塩でしっかりと味をつけ調理する。股間のろうそくは燃え続けどんどん火が大きくなってゆく。養鶏場と鶏の映像が、リアスタイムに構成編集され、鶏の顔が画面に大量に複製される。手羽元の調理を終えると客席に向かい、焼いた手羽元を観客に差出し、観客はそれを食べた。しばらく映像が流れ、終わる。

 

 ”Sculpture”

30 min

17th Jul 2016 

The sight of water  / 水のある光景」.kiten Tokyo JAPAN

curation: Tsuki Yomihiko

 

スライドショーには JavaScript が必要です。

絵画展示として 鬼頭 明稚氏の水面の表層を描いた具象とも抽象ともとらえられるタブローを、2M(正確には1.99M)四方の枠を設置し、シートで枠を覆ってプールを作った。深さは10センチ。そこにパフォーマーが水槽に身体を踏み入れ、動き始める。私も含め、20名余りがパフォーマンスした。

暗くなる蝋燭を灯し水槽の前に並べる。細い透明のホースがぐちゃぐちゃと絡まっている。口を当て、息を吸う。息を吐き出すとちょろちょろと、しょぼくれたように水が出た。その水で蝋燭を消してゆく。このしょぼくれた水では火のほうが強い。ボールを二つ。一つに水を汲んで一つに高所から移す。一筋の水、ボールに反響する水の音、水がはじき飛ぶ。ボールにサラサラと石膏を入れ、足の先、膝、腰、胸、顔と体の部分に塗ってゆく。手を前に突き出す。石膏は固まる時に化学反応で熱を発する。石膏をつけた部分が温かい。突き出した手についた石膏が固まりボロボロと落ちる。固まった石膏をはがす。足の先、膝、腰、胸、顔をはがす時は時間がかかる。椅子を持ち出し、体の部品である石膏を並べてゆく。大切に、彫刻作品のように。蝋燭に火を灯し、石膏を舐めるように照らす。蝋燭を消し、一つ目のパフォーマンスを追える。

 

 

2つ目。用意した5つのコンニャクを次々に開けて水の中にダイブさせてゆく。蒟蒻を水の中で掴もうとする。滑る。水の中に落ちる。蒟蒻を二つ擦り合わせる。蒟蒻の上に立つ。蒟蒻は以外にも脆く千切れてゆく。釘を水中にまき散らす。白い板を水中に沈める。釘を探し、蒟蒻を板に打ち付ける。蒟蒻を磔にする。ぬるぬると滑る。ガンガンガンガンと釘を打つ音が響く。水紋が広がる。板が水面に浮いて釘を打つ力で移動してゆく。釘を執拗に打ち続け、とうとう打ち付けた蒟蒻が崩れまた水中に戻ってゆく。そして後には板と釘しか残らない。

 

“Bee”

10min   

14th May 2016

short performance at Seiji Shimoda Performance workshop / 霜田誠二パフォーマンスアートワークショップでのショートパフォーマンス

curation: Seiji Shimoda

IMG_3268

IMG_3267

「赤い花のある場所から動かず、赤い花と関わるパフォーマンスを。しかし花を壊してはならない」というワークシップの中で行った。

花に依り、目をつぶり下と口の感触だけで花を触ってゆく、目をつぶるとはじめは全く花の全体が分からなくてイライラとする。ふと甘い味が口の中に広がった。そこは花だったのだ。蜜を探しながら花を辿ってゆく。

 

“Konnyaku / 蒟蒻”

10min 

14th May 2016

NIPAF NOW  /二パフの現在

curation: Seiji Shimoda

写真家 金村修のエッセイで「フィルムをがんもや時にはコンニャクにはさみたいという欲望を持つこと。それは多分誰にも理解も共有もされない欲望だ。」と書いてあった。アートをやる人間たるもの、そういう欲望を持たなくては!という思いを持った。

インスタントカメラで自分の恥部、陰部を撮影する。観客にも撮影させる。陰部、陰茎、尻、円形脱毛症の跡、鼻の孔、耳の穴、胸。インスタントカメラを石で砕きフィルムを取り出し、がんもとコンニャクを取り出した。コンニャクでフィルムを挟み擦る。がんもで挟む。ぬるぬるべとべと。こんにゃくがくさい、という声が聞こえる。激しく擦るとガンモが粉々になる。フィルムを壁に張り付けて、コンニャクを全力で投げる。がんもを投げる。投げつけ続ける。パフォーマーの息が上がってゆく。そして終わる。

 

 ”My Japanese Flag”    

30min    

17th Jul 2015

METACTION~Art as Action and Transform /METACTION-行為と変容のアート, Shiroto-no- ran store12/素人の乱12号店 Tokyo JAPAN

curation: Masaki Hirose, Seiko Kitayama      

4.My Japanese Flag Seiko Kitayama 2015

前日の7月16日に安保法案が強行採決された。わたしは特に政治的思想を持つ人間ではないが、長年に渡る政治的論争がある種の問題を隠すこともあるだろう。

白い服を着る。髪を何本も三つ編みにする。釘に赤く長い紐を巻き付ける。釘を部屋中に打つ。中央に白い布を引き座り、三つ編みと赤い紐を結んでもらう。水を飲む。口から少しづつ垂らす。水の色は赤い。赤い液体が体の中央を辿り流れてゆく。性器の部分から下の白い布へポタポタと垂れる。水を飲み垂らし続け、赤いシミは広がってゆく。全てを垂らし終わると、体を傾け髪で釘を引っ張る。ピンッ、と釘が抜ける。11本。抜けるまで。ピンッと跳ねた釘が額に刺さり、血が溢れる。それでも釘が全て抜けるまで。立ち上がり白い布を掲げ「わたしの日の丸」と言い、パフォーマンスを終える。

 

 “Red river”

20min 

9th Jun 2015

Tokyo Performing Arts Festival/東京創造芸術祭  NakanoZERO 

curation: Koji Kawai

IMG_5093.JPG

IMG_5094.JPG

手のひらを観客に向け静止する。観客を一人ひとりステージに上げる。手のひらを前に向け、互いに向かい合うように、10人。赤い毛糸を取り出し、指に一本一本絡めてゆく。赤い線が行ったり来たり。重なり合い、やがて赤い川のように。

しばし眺め、ステージの奥で上半身裸になる。赤い糸の川をくぐり、観客と目を合わせ静止する。またくぐり横を向いて静止する。くぐり今度は別の観客と目を合わせ静止する。川をくぐり抜けきって、パフォーマンスが終わる。

 

 “No title”   

30min

29th May 2015

Tokyo Performing Arts Festival Pre-event / 東京創造芸術祭 プレイベント NakanoZERO  curation: Koji Kawai

 

スライドショーには JavaScript が必要です。

photo: Mamoru Kimura

透明のシートを足で引っ張りながら出してくる。足にシートを絡めながら時計周りに回転する。次は反時計回り、ごそっごそっと音がする。髪を三つ編みに編む。ビニール袋を編み込む。赤い毛糸で止める。4箇所編み込むと袋が顔の下に空間を作る。水を飲み、袋に吐き出してゆく。吐き出す水は赤い。また飲み吐き出す。段々と水が溜まるにつれて、ゆっくりと体をかがめているようだ。赤い水が床に着く。ゆっくりと透明のシートにくるまる。シートの中でひっそりと赤い水の入った袋を切った。水が溢れてゆく。しばしくるまり、終わる。

 

Collaboration Performance with Katie Cercone(Go!PushPops!) and Notura Verage

30 min

29th May 2015   

Tokyo Performing Arts Festival Pre-event / 東京創造芸術祭  NakanoZERO 

curation: Koji Kawai

スライドショーには JavaScript が必要です。

photo by Mamoru Kimura 木村護

わたしは彼女たちにアメリカの服を着せられる。わたしは彼女たちに日本の浴衣を着せる。彼女たちは音楽と証明に合わせて踊る。手には日の丸をくりぬいた国旗がある。彼女は女性器の位置に日の丸を押し当てる。わたしは「God Bless America!!」とパフォーマンスの間叫び続ける。

 

 “Cross” 

15 min

30th Apr 2015 

パン屋/Bakery Meeting, Saitama JAPAN

curation: Shohei Nomoto

カッパを羽織り、中央で回りながら顔にハートのモチーフを付けてゆく。顔がハートでいっぱいになる。カッパを脱ぎ、上半身裸になる。隅で腹から首、右胸から左胸に線を引き十字架を付ける。シートの上に寝ころび、水を口に含む。クジラのように空中高く噴き上げる。バタバタバタッと水が体に落ちてくる。墨が落ちて流れる。また口に含み噴き上げる。咳き込む。含み噴き上げる。段々と体を縮めてゆく。体の形が気付くと変容している。縮めきるとシートにゆっくりとくるまり、そしてパフォーマンスが終わる。

 

“Blue coral”

30 min

17th June 2014

Miami International Performance Art Festival 

curation: Charo Quit

白い服を着て青い水を床に注ぐ。水はギャラリーの床の目地を通って碁盤目状に広がってゆく。ペニスの形をしたパーティ用ストローを一本一本指に挟み、手を震わせながら何度も顔に当てる。珊瑚を床に置き、ストローで床の水を吸って、珊瑚に吹きかける。珊瑚が青くなる。観客にストローを渡し、珊瑚を頭の上に載せ青い水を吹きかけさせる。白い服が青く染まる。服を脱ぎ裸になる。体を逆さにして珊瑚を性器に載せ、青い液体を吹きかけさせる。体に青い筋が何本も滴り落ちる。次は足の裏に載せ、最後は額に捧げ持ちギャラリーを後にする。

 

“Strings”

30 min

4th Nov 2013

「EXTRA!!」Academia de San Carlos Mexico City 

curation: Pancho Lopez 

 

スライドショーには JavaScript が必要です。

メキシコの地下鉄で物売りが口ずさんでいたフレーズを繰り返す。繰り返しながら、ミシン糸を歯に括り付けてゆく。調子外れ。糸を合わせ唾液が床に付くまで、唾液を垂らし糸にそわせ続ける。ミシン糸のボビンを観客の口の中に入れる。糸を引くとボビンは観客の口の中でコロコロと回る。糸を伸ばし洗濯バサミを付けていく。ボビンが終わるまで。後退りし口に括り付けた糸を引く、自然と観客が最初のフレーズを口ずさみ始める。糸が切れてゆく。歯が痛い。布で顔を隠す。子供用の白いドレスを捧げ持ち、目が見えないまま床を這う。手に触れた洗濯バサミをドレスに付けてゆく。全て付け終えて、パフォーマンスが終わる。

 

”no title ”

30 min 

23th Sep 2013

Hase-temple Festival vol.3「長谷寺秋分祭」 金峯山長谷寺

奉納のパフォーマンス。相撲のように四股を踏む。頭に葉の形のアクセサリーを付ける。五色の毛糸を足首に括り付け、観客に手渡す。目隠しをし、石畳の上にうつ伏せる。ゆっくりと腕で体を引きずりながら進み始める。長谷寺の門をくぐる。五色の毛糸は観客の手の中で糸をはきだし続ける。門に続く長い石階段を手探りで降りる。体が擦れる。目が見えないととどこまでも階段が続いていくように思える。通りがかる人が不思議そうに見つめる。階段の中腹で目隠しを外し、パフォーマンスを終わりにする。

 

“Strings”

20 min

2013.8.17

「In-Paf vol1」Instant42 ,Taiwan

curation:YujunYe

025

026

アーティストトークで自分の事を話す。話しながら頭にトマトの形の針刺しをつける。口をあけて歯一本一本にミシン糸を巻き付けてゆく。何か自分の作品のことを話しているようだが、声は聴きとれるようなものではない。10個の糸を歯に巻き付けると、10本の糸をまとめ唾液を垂らしてゆく。唾液が流れ床につくまで。ミシン糸を観客の口の中に入れてゆく。二階へ投げる。ゆっくりと後ずさり始める。糸が観客の口の中から吐き出されてゆく。糸は延び、隣の部屋まで行く。段々と一本ずつ糸が切れてゆく。ずごい力がかかり歯が痛い。戻ってきたところで全ての糸が切れ、終わる。

 

“Contact”

20min

2013.4.21 

 To the wide sunny sky /広く晴れた空へ, organic cafe&gallery Sorairomizutama   organic cafe&gallery 空色水玉, Nagoya JAPAN

curation: Masaki Hirose, Harumi Terao

 

スライドショーには JavaScript が必要です。

一年間続けた「Contact」シリーズ。アラームを12分にセットし、観客を見回す。1人選び、両手を目の前に差し出す。彼・彼女が手を取る。両手に力を入れて中央に連れ出す。微かな抵抗を感じる人、強い抵抗を感じる人、スッと前に出てくる人。手に力を入れて押す。押し返してくる。力を抜くと相手も力を抜く。あるポーズをすると真似する人、全然違うことをする人。ずっと手は繋いだまま。繋いだ手が汗ばむ。お互いの反応が反応を呼び、わたしが動かすときもあれば動かされる時もある。2人の動きはまるでダンスのように静かな強度を持って続いていく。アラームがリリリリと鳴ると、2人の時間が終わる。

 

“River between you and me”

30min 

9th Nov 2011

NIPAF tour, The art college of Chittagong, Bangladesh

curation: Seiji Shimoda

公共の汚いトイレで反物を一枚水で洗う。長さは12m。反物を引きずり歩いてゆく。川のよう。反物を切り、着る。唐辛子の粉を水でこね両手に付ける。手を差出し観客と合わせ、わたしは「穢れ」と相手は「ナジェス(ベンガル語で「穢れと」の意)」と声を合わせる。紙に手形をスタンプする。唐辛子の手形が広がってゆく。唐辛子の粉を頭から体へ塗りたくり、終わる。

 

 “Maria”

15 min

8th \may 2009   

The 16th Nippon International Performance Art Festival International、Neon Hall Nagano  長野ネオンホール

curation: Seiji Shimoda

014

1. Maria Seiko Kitayama2009

ある作曲家の亡き妻に向けたピアノ曲を流す。自分の顔を模ったのマスクを被り目を隠し、這う。中央にある土の中を探ると泥だらけのマリア像が出てくる。マスクを外し、立つ。マリア像と同じポーズをとり手をゆっくりと上下させ涙を流す。