Biography

Seiko Kitayama
Born 1982 in Nagano Japan
She studied Painting at Tokyo Zokei University and Musashino Art University. From the time of students, she managed the artist’s initiative gallery. She started performance in 2008 and participated performance festival in Japan and internationally, Responding(2019, Japan), SIPAF(2017、Philippines)、Performance Resources Orchestra(2017、Singapore)GUYU Xian Performance Art Festival(2017、China)NIPAF(2017、Japan). Communication director of “Responding:International Performance Art Festival and Meeting” Through performance art, she tries to think about suppressions and resiliency between you and me. These days she curated some online performance events on this coronavirus situation. It explored the boundaries between art and our life.
.

北山 聖子

1982年、長野県生まれ。東京造形大学絵画専攻卒業。武蔵野美術大学通信課程油画科卒業。在学中、学生自主運営スペースの運営・地域アートプロジェクトに携わる。2008年よりパフォーマンスアートを始め国内外のフェスティバルに参加。近年参加したフェスティバルとして、SIPAF(2017、フィリピン)、Performance Resources Orchestra(2017、シンガポール)谷雨西安行為芸術祭(2017、中国)NIPAF(2017、日本)。わたしとあなたと社会の関係に生じる抑圧とレジリエンスを考える。わたしとあなたが共に生きることについて。様々なアーティストと同時多発的にパフォーマンスを行う行為以前メンバー、IPAMIA(Indipendent Performance Artist’s Moving Images Archive.)メンバー。フェスティバル企画/Responding: International Performance Art Festival and Meeting(2018)コミュニケーション/撮影ディレクター。最近は自宅でパフォーマンスをすることでアートを生活に介入させる方法を模索し、コロナウィルスの世界的蔓延の中多くのアーティストと自宅でのパフォーマンスを行った。